忍者ブログ
 
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
マッチ
性別:
男性
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先ほど、飲みから帰宅。
ほどよく酔ってていい感じ。 でもちょっと眠い。


今朝は6時に起きた。 7時過ぎの汽車に乗って仕事に行くためだ。
しかし、あろうことか天空は青空だ。
これは困った。 走りたい。

ってことで、時間限定、9時半までに帰ると誓い、近所に気を遣いつつ暖気して、
7時半頃、1速に踏み込んで出発。

目指すは雲がない北の山間部。
山あいの道の駅で缶コーヒーを飲んで帰ってくることにした。

その道の駅はダム湖の脇に作られている。
通常は国道からアクセスするんだが、自分はダム湖の周囲に作られたクネクネ道を通って行く。
タイトコーナーの連続で、単気筒乗りの腕の見せ所だ。
この時期は落ち葉があってあまり寝かすと怖いことになるが、
それでも対向車に気を配りつつ、気持ちよくコーナーを抜けていく。
もう少し、ハンドルが低いといいな、と思う。

しかし、着いてみると空は分厚い雲に覆われている。
早朝なので誰も居なくて気持ちいいが、 憧れた晴天の秋空じゃない。
しかも自販機コーナーはシャッターが閉まっている。
 
携帯を見ると時刻は7時半。 まだ大丈夫。

では、と、今度は東の青空をめざした。

30分ほど走り、県道わきにポツンとあるホームセンターの駐車場で自販機を見つけ、
バイクを眺めながら暖かい缶コーヒーを飲んだ。

こういう時、大体はオイルクーラーを触って温度を確かめるが、今日は油温が低かった。
多くの人が夏場の油温を気にするが、うちのSRXは吸排気やエンジンをいじっていないため、
冬場の油温の方が気になる。 オーバークールが怖い。
以前から手持ちのデジタル油温計の取り付けを考えてるが、なかなかいい方法が思いつかない。
あきらめてスティックタイプにするか。 TAKAIから出てたな。

とか考えてるうちにいい時間になり、再びバイクにまたがり帰路に着いた。

帰ると8時45分。1時間ちょっとだったが、楽しい散歩だった。
 
 
明日は終日雨の予報だ。
だから朝からのんびりフォークオイルとスプリングの交換にイソシみたい。


バイクに乗ってて良かったと思う。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.84No.83No.82No.81No.80No.79No.78No.77No.76No.75No.74