忍者ブログ
 
2017.11│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
マッチ
性別:
男性
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日の作業で、合計5個のベアリングを確認したが、
そのうちの1つにコリコリ感を感じた。

この部分。
 

おまけにカラーは錆びてた。


ベアリングとオイルシールで1,200円くらい。
カラーだけで1,400円くらい。ただの鉄の筒なのに高いなあ。

しかし、ここのカラーが錆びてるのって初めてだ。
でもダンパーゴムは割とやわらかだった。
ホイールシャフトには錆があった。
ドリブンの減りはメンテしてたとして1~2万キロくらいかな。

バイク屋はよく、スプロケ交換に併せて、ダンパーゴムの交換を
勧めたりするから、前のオーナーがバイク屋任せだったのかもしれない。


ドリブンはこんな感じ。
ちょっと開いてるけど、まだまだ使える。
鉄製の純正なので、砂利の拭き取りとオイルを切らさないようにすれば、
あと2万キロくらいいけるかな。



今、元気に走ってるSRXは、520化率が高いと思う。
安いし種類が豊富だし、強度が高いし、カッコいいスプロケがあったりするし。
でも、チェーンの張り調整の余裕しろが少なくなるんよなー。
 強度だけで言うと、FZR400RR-SPも428だったので、
後輪出力が30psもないような単気筒400なら換える必要はない。
ただ、リンク数が多い分、伸びが早いとか、メンテが面倒とか、
換えたくなる理由は他にもあったりして悩みますな。

ちなみにFZR400RR-SPのドリブンは52Tなので、
ドライブを17Tのまま使うとすると、2次減速比は4%多くなる。
ちょっと燃費が良くなるかな。
中抜きされてて見た目もいいけど、張り調整の余裕が心配。
4,400円とSRX純正より安くていいんやけどなあ。


今日は天気が良くて暖かい。
昼からバイクで出かけようかな。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.33No.32No.31No.30No.29No.28No.27No.26No.25No.24No.23