忍者ブログ
 
2017.11│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
マッチ
性別:
男性
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

相変わらずの雪で乗れないので今日も整備。


前回交換しようとして、エンドバーを回す工具がなく、
敢え無く玉砕したグリップ交換を実施した。
初期型は六角で外せたのに、4型って、たぶん27ミリやね。
それもスパナじゃないとダメ。メガネならあるけどウエイトが邪魔して入りません。

で、ホームセンターで900円くらいの安物モンキーを買ってきた。
モンキーは舐めやすいので、今後まず使わんからこれで充分。


ついでにロッキングプライヤーも買ってきた。
こんなやつ。
 
ネジザウルスも気になってたけど、
これ、450円と格安だったので買っちゃった。
でも必要充分。
シフトシャフトとシフトロッドをつなぐ部分(名前がわからん)の
六角ボルト(下図16番)を舐めてしまって、六角じゃなく、「まーるい二角」でもなく、
「丸」になってたやつも、ちゃんと回った。


ちなみにこのボルト、曲がってました。
そら回らんわな。
それにしてもこんなとこ、普通曲がらんよ。
このバイクを整備してた店が曲がったボルトを無理やりねじ込んだんやろな。
サイテー。
ボルトはステンレス製(M6×20やったかな)に交換。
12番の部品はFZ400から流用した。

思うんやけど、工具って、いいものはよく考えて作られていて、
相手へのダメージも少ないから安心して使えるのは当然なんやけど、
安いものも、クオリティの低さを理解して、それが持ってる限界を
考えながら工夫して使えば問題ないと思う。
そうすることで、手の感覚を養うことができるんじゃないだろうか。
ま、KTCでさえなかなか買えないヒガミですけど。


次に変な方向を向いてるタコメータの向きを変えてみた。
取り付けられてる部分が曲がってるんやけど、
これってスピードメータをバラさんと修正できないんよね。
で、バラした。

するとショックなことが。
というか、案の定というか。
 
 
 
真ん中あたりのスタンプに26.4.97の文字が。
これって製造年月日やんね?
90年式 のバイクのスピードメータが97年式。
・・・付け替えですか。
サイテー。
実走行距離がわからんな。
別に10万キロ走ってても、不具合が出たら整備したらいいだけなので、
 気にしないけど、距離だけは正しいものを知りたいなあ。
整備のタイミングや部品の交換の目安が立たんやん。
まあ、でも、ということはメータは5型やね。
もしかしたらフロント一式が5型かも。
新しくていいやん(笑)


さらにハンドル回りのボルトもステンレスに換えた。
下図18、19とか。
M5×40でいけます。



固かったけど、錆もなくきれいだったから、
やっぱりフロントはごっそり換装かもね。

ここでもサイテーなことが発覚。
ハンドルのまわり止めのボルトが曲がってた。
何回もいうけど、サイテー。
でも、なぜかこういうのを発見するとちょっとうれしい。
整備好きな人ならわかるでしょ?
俺が直してやるからな、的な。
当然これもステンに。

ところでネジ類は伸びて止まるようになっているので、
固いステンレスのボルトを過トルクで締めると、
本体の山がつぶれるかもしれないので、気をつけましょう。
といいつつ、自分は手トルクですが。

※ヤマハ発動機さま、勝手に図柄を使いました。すみません。
 問題があればいつでも消しますので、ご連絡ください。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.21No.20No.19No.18No.17No.16No.15No.14No.13No.12No.11